今週のBEST5プラス!携帯@RANKING
経営の名言
[0]を押すといつでも【名言メニュー】に戻ります。
・支配者は「自己重要感」供給の達人でなければなりません。
「盛運の気」無能唱元
・私の経営はけっしてベストではない。もっとベターな方法を、他社がやっているはずだ。それをつぶさに見て回り、改善を続けることが何よりも大事な経営なのだ。
「私のウォルマート商法」 サム・ウォルトン
・少し厳しい言い方をすれば、「こんなにお金をいただいては申し訳ない」という経営者は、それに見合うだけのサービスを提供する努力を怠っていることになる。(p120)
「一瞬でキャッシュを生む!価格戦略プロジェクト」 主藤孝司
・厳しい理想を抱け。他人の“それは理想論だ”という批判に絶対耳を傾けてはならない
「財務を制するものは企業を制す」 井原隆一
・販売不振店に、まず社長の関心を向けるのは誤りである。・・・売れない店は淘汰するのが正しいのである。(p182)
「社長の販売学」 一倉 定
・自分を捨てきれない者は、会社を捨てるか、自分が捨てられる
「成功する人はここが違う」  井原 隆一
・「わが社ではいつもそうやってきた」これは、何かが間違っているという最初の警告である。
「エスキモーに氷を売る」 ジョン・スポールストラ
・経営をするなら,今,会社がどうなっているのか,そしてユーザーが何を求めているかを自分の肌で感じる必要があります。そうしなければ決断などできません。(ゴーン)
「カルロス・ゴーン経営を語る」 カルロス・ゴーン,フィリップ・リエス
・「企業は人で決まる」という教訓の「人」とは、まぎれもなく社長その人になります。
「小さな会社★社長のルール」 竹田 陽一
・何も変えないことがもっとも悪いことだと思ってほしい(奥田 碩)
「「ここがおかしい!」といえるサラリーマンになる」 柴田 昌治
・商品を売る前に経営理念を売れ。経営理念を買っていただきなさい。(松下幸之助)
KAE情報「「松下流」経営改革の実際」 佐久間昇二
・企業内に良好な人間関係が維持されているということは、革新が行われていない実証である。
「一倉 定の経営心得」 大橋 巨泉
・値決めは経営である。
「稲森和男の実学」  藤井 行夫
・左遷は本人が納得すればいい。抜擢は周囲が納得すればいい。(松下幸之助)
「30代に必ずやっておくべきこと 自信を持つ26の法則」 中島 孝志
メールマガジン:をご購読頂くと本の情報が毎日メールで届きます。
[1]HOME
[0]名言集へ